◆希少な海苔弁当!道の駅弁を求めて!◆-みなとま~れ寿都【寿都郡寿都町】-

GWに行った寿都町メインのドライブ
一番の目的『生しらす丼』をお昼に食べて、向かった先は道の駅「みなとま~れ寿都」。

今月号のじゃらんでチェックしていた 道の駅弁を買いに行きました^^

 

確か以前、週末朝に放送の『イチオシ』で見た 時期物の「天然寒のり」

食べてみたかったのです。

 

「天然寒のり」とは…
北海道の冬場にしか獲れない貴重な天然の岩のり。
別名「どんじゃ海苔」。
前浜に自生する岩のりをひとつひとつ摘み取ったものを、丁寧に水洗いし、

海苔についている岩のかけらやごみと取り除き刻む。
そして、刻んだ岩のりをこんどはすだれに何度も重ねながら打ち 天日乾燥して完成。 

どんじゃ海苔の値段は一般的な海苔と比べると驚くほど高価。

(一番小さい 30cm*70cmのサイズのものが1000円ほど。)
ですが、 自生する岩海苔は大変貴重なもので、真冬の寒いときしか摘み取ることができず、
すべて手作業で作るので貴重なもの。
地元でもすぐになくなってしまうのだとか。 

ちょっとでもいいから一度食べてみたいなぁと漠然と思っていたので、

このお弁当が味見するのに丁度良いサイズ・価格でした

 

IMG_20160503_135016.jpg

 

道の駅弁「船澗弁当」600円。
IMG_20160502_122336.jpg

道の駅内の売店のレジカウンター上にありました♪

 

目当ての「天然寒のり」が上に載っており、ご飯の間には
コチラも寿都名物「こなごの佃煮」が入っていました~
IMG_20160503_135538.jpg
こんな感じで 結構たっぷりな量でした◎
「こなご」の甘じょっぱさと、「天然寒のり」のいい感じの磯臭さで

ご飯が美味しい~

 

この海苔、とても厚みがあって 『海藻感』がすごい!

海藻を食べてるようでした

 

やはり 一度食べてみて良かった◎
IMG_20160502_122723.jpg
裏手には が展示してあったり、
IMG_20160502_122805.jpg
道の駅のすぐ前はなので、漁船が行きかう様子が見れたり
天気が良ければ積丹半島も見えるそうですよ
IMG_20160502_122828.jpg
そして港のすぐ前には「寿都漁業組合共同直売所」。
これは 絶対に美味しい海鮮が買えそうなスポットだと思い、
迷わず入店しました!!
IMG_20160502_122847.jpg
早速店前に しらすが干してある~^^♪
IMG_20160502_123002.jpg
この時は残念ながら 牡蠣漁船がまだ漁から帰ってきていなかったので、

「寿都産 殻付寿かき」はありませんでした。。。

 

代わりに、まだ生きていた 新鮮な帆立5枚を500円で購入!
貝がパクパク動いてました美味しそーっ!
IMG_20160502_123011.jpg
IMG_20160502_123306.jpg
この牡蠣は「ガンガン蒸し」用の物で 購入は不可。
奥の食堂では たくさんのお客さんがこの「牡蠣のガンガン蒸し」を体験していました
IMG_20160502_123126.jpg
IMG_20160502_121131.jpg
道の駅内でも軽食が楽しめるので、道の駅で軽くご飯を済ませてから

裏の「寿都漁業組合共同直売所」『牡蠣のガンガン蒸し』コースもいいなぁ

 

寿都町に行ってる人 周りにはいないけど、こんなに美味しいモノがたくさんあるので
海鮮好きな方には もっともっと知ってほしい場所です
みなさん!寿都へLet’s GO!GO~!

TEL◆0136-62-2550
営業時間◆9:00~18:00
定休日◆第一月曜日
駐車場◆有

道の駅 みなとまーれ寿都魚介・海鮮料理 / 寿都町その他)
昼総合点★★★★ 4.0

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です