めし処 海友丸【羽幌町天売島】◆島名物のウニ三昧ランチ!

IMG_20160716_131914

前回に引き続き、三連休で行った『天売島・焼尻島』の旅
食べたものを紹介します^^

羽幌からフェリーに乗り、「焼尻島」を通過しAM10:00頃「天売島」に到着。
すぐに電動自転車を借りて 島を一周。
初めて乗りましたが 電動って登り坂がこんなにも楽ちんなんですねー

「天売島」に降り立ってから一食目のお食事は
「めし処 海友丸」さんで雲丹とご当地丼のランチ♪
せっかく行ったので ちょっと奮発しました^^

本当は雲丹じゃなくて じゃらん7月号に掲載されていた「めじまぐろ丼」
食べたかったのですが13時頃の来店でちょうど売り切れたところでした~(´;д;`)残念

雲丹はそこまで好きなわけではないのですが、、、
せっかく天売島に来たので
「うに三昧」というメニューを注文してみることに

写真がコチラ!
IMG_20160716_131914

「うに三昧」3000円

IMG_20160716_131943

生ウニ

すごい迫力。
丼ぶりは馴染みがあるけど、こんな風にお皿に直にのってると
なんだか圧倒されますね!
これを そのままご飯にのせたら「うに丼」ができそうな量。
ウニは積丹も有名ですが、積丹のよりも濃厚で甘い感じがしました。
そこまで好きじゃないわたしが食べても美味しく感じるんだから、
ウニが好きな方だったら もうたまらなく美味しいんだろうなぁ
鮮度抜群で美味でした!

IMG_20160716_131924

ウニのお味噌汁

せっかく新鮮だから 少しもったいない気もしますが…^^;
火を通すと甘みが増し、磯のお出汁がたっぷり出ていました◎
他の具材は「たまねぎ」と「長ネギ」。
「たまねぎ」も甘かったー。
ご覧の通り、雲丹がどんぶりにたっぷり入った
とても贅沢な お味噌汁でした 😉 

この他には小鉢に
「粒うに(塩うに)」、「つぶ貝」、「めかぶ」、「お漬物」がセット。

わたしたちが食べてる間に他のお客さんが この「うに三昧」を注文していました。
その1食で最後だったようなので、来店は13時前の方が
確実に多くのメニューを楽しめると思いますよ~

IMG_20160716_132129

天売島ご当地グルメ 「ガヤ天丼」1000円。

IMG_20160716_132137

「ガヤ」とは、
正式名称は「エゾメバル」という白身魚。目が大きく見張っているように見えることから名付けられた北方系のメバルです。
日本国内では東北以北に生息し、とりわけ北海道ではたくさん獲れることから北海道ではなじみ深い魚の一つです。
このエゾメバルは「がやがやたくさん獲れる」ことから、北海道など地域によっては「ガヤ」と呼びます。
島でも通年でよく釣れる魚で、天売港でもバケツ一杯は釣れることもあるのだそう。
天売島民の間では家庭で煮つけなどにして食べることが多いようです。
※北海道ファンマガジンHPより引用。

<「天売ガヤ天丼」の定義>
●名称は「天売ガヤ天丼」とする
●天売島近海産のガヤを開いて天ぷらにする(2切れ)
●お米は羽幌産ななつぼし「オロロン米」を使用する
●だし汁(昆布とかつお節)、醤油、みりん、砂糖、かつお節で作った特製タレを使う
※Wikipediaより引用。

 

天ぷらの具材は 白身魚「エゾメバル」、「ピーマン」、「茄子」。
「エゾメバル」は身がふっくらしていて美味◎
地元産の「オロロン米」を使用しているのもいいですね^^
サックリ揚がった天ぷらに
甘辛い特製タレがかかっており、ボリューム満点でした。

IMG_20160716_132143

お味噌汁の具は「ふのり」。
程良い塩気で優しいお味。

小鉢は「うに三昧」とおんなじ「つぶ貝」、「めかぶ」、「お漬物」でした。

IMG_20160716_131328

左下の写真が 狙っていた「メジマグロ丼」です。

赤身、中トロ、大トロが一度に楽しめて2000円とは お得!!
早く売り切れるのも無理はありませんね~ 😎

IMG_20160716_131308

IMG_20160716_131203

壁にはおすすめメニューが写真と共に貼られていて
わかりやすい。

IMG_20160716_131407

わたしたちが座った小上がりのすぐ後ろのカウンターには
羽幌町のゆるキャラ「おろ坊」のぬいぐるみ発見♪
(天売島・焼尻島含め、羽幌町内のわたしが行ったお店には ほぼ全て置いてありました

IMG_20160716_130834

IMG_20160716_130810

フェリーターミナルすぐ近くの、レンタカー・レンタサイクルの「おろろんレンタル」さん
隣で とてもわかりやすい場所にあります。

夏は雲丹のシーズンなので観光客が多く、
13:00以降になると売り切れのメニューが
相次ぐことが予想されるので 早目の来店がオススメ 😉 

北海道本土とは違い
離島は時間の流れが ものすごくゆっくりなんですね

喧騒と 時間に追われる普段の生活から離れて
ココロとカラダに 大きな癒しをもらいました

車の長距離移動と フェリーの移動があるので
普段の週末だとちょっとキツいとは思いますが、

連休に『島トリップ』。
おすすめです 


【めし処 海友丸】

北海道苫前郡羽幌町大字天売字弁天54
TEL◆01648-3-5611
営業時間◆11:00~売切れ次第終了
定休日◆不定休
駐車場◆

漁師の店 めし処 海友丸定食・食堂 / 苫前町その他)

昼総合点★★★★ 4.0

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です