美国観光ハウス【積丹】◆コリッコリのアワビ!朝から贅沢海鮮丼

img_20161231_083315

「ぐるなび」さんにお声掛けいただき、
『メシコレ』というグルメマガジン
記事を書かせていただいてます(●´・∀・`)ノ”
これから新たに【北海道エリア】を拡大させていく予定だそう。

新しい記事をアップしたので
よろしければご覧ください♪ ↓
https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/9845/


前回に引き続き『美国観光ハウス』さん
朝食の紹介ヾ(●´∀`●)♪

夕食が終わったタイミングで
「翌日の朝食の丼は【鮑】、【カニ】、【イクラ】から2種類選べますが どういたしますか?」
と確認されていました。

「カニ」が苦手なわたしは 迷わず【鮑&イクラ】。

それ以外特に聞かれなかったので
丼と汁物に、ちょっと小鉢が付くくらいなのかな~
なんて思ってました。

食堂へ行ってビックリ。
他にもたくさんのおかずが 出てくる出てくる

メニューがコチラ ↓

img_20161231_083158

20170103_182101

あっとゆー間に テーブルがぎっしり。

img_20161231_083315

「鮑(アワビ)とイクラのご飯」

「イクラ」は前日も食べたので
安定の美味しさ。
濃くも薄くもない絶妙な塩加減に
プチプチ食感。
一方、「鮑」は2mm位の極薄切り。
この薄さがコリコリ感を際立たせていて
夕食のお造りよりも美味しく感じました!

img_20161231_083410

「味噌汁」

赤味噌っぽい色だけど、これは熟成味噌。
こちらも程よい塩梅で
コクが強くて、深味がある◎

20170103_182127

「干しシラタキの子和え」 ←「子」の量がハンパない。しょっぱくなくて旨い。
「甘海老と昆布の佃煮」 ←海老の香ばしさがいい具合に出てる。
「小女子の佃煮とピーマンの炒め物」 ←甘じょっぱい中に「ピーマン」の苦みがなんともイイ!考えた人スゴイ。
「真烏賊の塩辛」 活きが良くてコリコリ感が残ってる◎

img_20161231_083321

左奥◆「ソイの煮魚」 ←肉厚で身がフワフワ~◎
右奥◆「卵焼き」 少し焦げてて香ばしかったのがイイ。
手前◆「ほうれん草のカニ餡かけ」 上品なお味。

img_20161231_083327

奥◆「大根サラダ」 ←菊や紫キャベツの彩りが◎シラタキが混ざっててサッパリ旨し。
手前◆「真烏賊(イカ)のお刺身」 ←ねっとり濃厚なタイプ。

img_20161231_082959

りんごジュースは余市産の『りんごのおっぱい』。
元は「りんごのほっぺ」を出していたけど
こちらの方が美味しいと思い、かえたんだとか^^

ミニトマトジュースは仁木産の『もてもてね』。
初めて聞いたので、ネットで調べてみたら
1000mlで1000円以上もする高級品!

img_20161231_091340

山中牧場のホットミルクがあったので
ホットコーヒーを少し注いで
カフェオレにしていただきました(。◔`◡◔+)

img_20161230_203056

img_20161230_220039

img_20161230_203345

img_20161230_220252

img_20161230_220326

温泉ではないけど
朝食前の朝風呂気持ちよかった~

img_20161230_155911

夕食も朝食も
全体的に とてもいいお塩加減だったのが印象的。
(普段から薄味好みです)

外食はしょっぱく感じるものが多いけど
何一つしょっぱくなく 心地よくお食事できました

『和のオーベルジュ』と呼ばれているだけあって
サービスはもちろん、清掃がしっかり行き届いていて清潔

貸切だったおかげもあったと思うけど、
終始、時間も周りも気にならなかった。

自分のペースでゆる~く過ごすことって
こんなにも贅沢なんだと気付きました。

日々頑張っているあなたに
オススメです!(♡u‿u)⊹

 

ランキングに参加しています
\応援クリックお願いします^^/


【美国観光ハウス】

北海道積丹郡積丹町美国町船澗49
TEL◆0135-44-2100
営業時間◆チェックイン  15:00
     チェックアウト 10:00
     (人数によりますが、夏場は食事だけ食べることもできます◎)
定休日◆無
駐車場◆有

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です