余市町

余市SAGRA (サグラ)/余市登町◆肉も魚も野菜も!地元の美味しいが詰まった絶品すぎる夕食♪

投稿日:

「ぐるなび」さんにお声掛けいただき
食通の厳選グルメマガジン『メシコレ』で
記事を書かせていただいてます(●´・∀・`)ノ”

3/19に新しい記事をアップしました!
よろしければご覧ください♪ ↓
https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/12352/


 

わたくしごとですが、

今日が2度目の結婚記念日&誕生日
なので先日
主人と少し早い1泊旅行に行ってきました

 

お料理が美味しくて
あまりメジャーになっていない、
特別感のあるお宿を探しに探し、

 

「余市SAGRA(よいちサグラ)」さんに決定

 

「サグラ」さんといえば
去年(2017年)の5月まで10年以上の間
札幌の大通界隈で営業されていたお店。
2017年11月より『ロカンダ(オーベルジュ)』として生まれ変わり
余市に移転しました。

 

近くていつも行けるという油断から(笑)
札幌にあった頃には行く機会に恵まれず…^^;

でもどうしても行ってみたかったので
余市までドライブがてら足を延ばしました(v´∀`)ハ(´∀`v)

 

絶品揃いの夕食を紹介します♪

料理

DSCF6541

メニュー名が暗号のようで面白いので
そこにも注目してご覧ください^^

品数が多いので簡潔にいきまーす

DSCF6559

「ZY」

DSCF6560

DSCF6562

ズワイガニのラビオリ。
手作りのもっちもちで弾力が強い皮の中に
ぎっしりと「ズワイガニ」の身が詰まっています。
スープはお出汁たっぷりで深くて優しい~◎
蟹が少し苦手だけどコレは美味!

DSCF6563

「←」

DSCF6564

平目のお刺身。
「新鮮なもの」と「塩漬けして5日間熟成されたもの」が重なっているという
贅沢な構造
「新鮮なのもの」の食感、「5日間熟成されたもの」甘味・コクが
同時に味わえるなんて!ありそうでなかった斬新な出し方☆
シンプルな塩味で
お醤油よりも平目そのものの味が引き出されている感じ◎

DSCF6567

「群来」

DSCF6569

DSCF6570

地産地消はもちろん、器も全て余市で作られたもの。
海に見立てた深いブルーのプレートには料理名の通り
『群来(くき)』を再現したそう。
余市の『新岡商店』のニシンは
放血処理をしてあって、身の色が全然違う!
綺麗なピンク色でニシンじゃないみたいです。
食感が良く、青魚好きの主人が絶賛。
上にはニシンの「切り込み」と「カズノコ」。

山ワサビと根セロリのピューレでさっぱりと

DSCF6572

「百合」

DSCF6577

百合根を丸ごと使用した1品。
そーっと開いてみると、中にはマッシュ百合根。
その中から「塩ウニ」が姿を現す。
百合根の甘さにも驚きましたが、「塩ウニ」との相性の良さにも
ビックリした( ☌ω☌)
そして飽きそうな頃合いに、一番下から
「ワイン(ケルナー)で戻した干し梅」が顔を出す

1番ボリュームがあるこの一皿も味の変化と抜群の美味しさでペロっと完食!

DSCF6582

「Mixed Loading」

DSCF6584

日本語で「混載」(根菜)。
蒸した「白人参」と「ビーツ」2種の甘いこと!
チーズ(リコッタ&ラクレット)を使用した
濃厚かつクリーミーなソースが北海道らしい。

DSCF6585

自家製パン3種も
全てシェフが焼いています。
一番奥が白いノーマルパン。
右が発酵バター使用の「ブリオッシュ」。(←絶品でした!
手前がクルミ入りの 側がちょっとだけハードなパン。
北海道産小麦春よ恋(強力粉)使用なので
どれも弾力が強くもちもち♪

DSCF6586

「Take a picture of myself」

DSCF6587

日本語で「自撮り」(地鶏)。
近郊の『小樽地鶏』・「長ネギ」・「そば粉のニョッキ」を和えた
お酒のツマミにピッタリな焼き鳥みたいなお味。
塩ベースで和の要素多く、どこか落ち着けるお料理◎

DSCF6589

「煮アワビ」

DSCF6591

名前通り、ツヴァイゲルトの赤ワインで煮込んだ
「煮アワビ」が載った余市産のお米使用のリゾット。

サロマ産「海苔」と喜茂別産「わさび」で味付け。
海苔の風味が非常に良く、
磯の香りとアワビが合っていて海を思わせる

DSCF6593

「栄」

DSCF6595

すぐ近所の『栄地区』の牧場の豚バラ肉を
ロール状にしたもの。
甘味が強く、トロける脂身が
オーガニックの粒マスタードでサッパリ。
そしてプチプチ弾ける食感が◎

DSCF6596

「□ーく」

DSCF6598

「しかく」マイナス「く」で『鹿』。
近くのワイナリーのお知り合いが撃った新鮮なもの。

鹿肉をオーガニックの藁(わら)でスモークし、
ワイン用の葡萄(ピノノワール)の甘酸っぱいソースで。

生っぽいお肉が苦手なわたしですが
全然生っぽくなく 絶・品!♡。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

DSCF6600

「氷」

DSCF6601

すんごいフワフワー!!!
それもそのはず、近所の天然氷で作った「かき氷」なんです。
口溶けが段違い。
そして天然氷特有の 頭が痛くならない非常にマイルドな冷たさ◎
下に入れられた地元の牧場の「牛乳」、
それに「お好みでどうぞ」と持ってきてくれた
ニッカのシェリー酒をかけていただきました。
ラム酒のようなスイートな味わいに牛乳のミルキー感が最高に合う!
お酒は苦手ですがコレは絶対かけた方が美味しいです!!
シンプルなのにとても贅沢なお口直し

DSCF6604

「ピノノワール」

DSCF6603

ワイン用の葡萄「ピノノワール」を練り込んだショコラスフレの上に、
余市の牧場の牛乳・砂糖のみで作った自家製ジェラートをON。
新鮮な牛乳を使っているし、余計なモノが入ってないから
ダイレクトに素材の良さが伝わってくる。
本当に美味しいです。
共和町産小麦使用のクランブルをかけて食感をプラスして◎

DSCF6605

「アップルティー」

DSCF6606

食後にはコレ。
地元産の林檎2品種をたっぷりスライスしてお湯を注いだ
本物のアップルティー
文字そのものの作り方だけど

この発想で実際にお客さんに出せちゃうのがスゴイ。
時間の経過とともに『りんごエキス』が濃くなって
味の変化が楽しめる。
ギュッと詰まったフルーティーな美味しさでフィニッシュ!

お食事中に(主人が)いただいたワインがこちら
(いつも通り一口だけもらいました

DSCF6565

函館の「農楽蔵(のらくら)」のワイン
『norapon(ノラポン)』。

(ワイン詳しい知り合いたちがココのは希少でなかなか飲めないと言っていたので飲んでみたかった)

DSCF6578

DSCF6588

その他2杯はおまかせでお願いしました☆

メニュー

DSCF6557

↑ 夕食のメニュー

DSCF6543

DSCF6544

ここからワインリスト ↓
DSCF6545

DSCF6546

まずは「SAGRA」がある余市町登地区の
ワイナリー・ヴィンヤードから。

DSCF6547

DSCF6548

そして近郊「余市」・「仁木」
続いて「空知」・「道南」のワイナリーのワイン。

DSCF6549

DSCF6550

DSCF6551

DSCF6552

DSCF6553

店内の様子

DSCF6539

DSCF6555

DSCF6556

まだ新しいので
木のいい香りがほのかにしていました

温かみがあるシンプルで凛とした空間。

 

かなり長くなってしまったので
『宿泊した部屋の様子』は後日紹介します^^

 

外観

DSCF6530

DSCF6534

通りの両脇がちょっとした雪の壁になっていて
1度通り過ぎました^^;

ちょっと奥まっているので
冬はゆっく~り走るといいかもしれません

 

最初から最後まで
1品1品魂込めて丁寧に作られたお料理は
本当に美味しかった…♡

 

調理中の姿や料理の説明をして下さる姿を見ただけで
村井シェフからは相当強い熱量を感じました。

 

心の底から幸せがどんどん沸きあがってくるような
美味しい時間だったなぁ

 

明後日は朝食&宿泊したお部屋を
紹介します!
(お部屋にもかなりのこだわりが詰まってます!!)

 

お楽しみに~(。◔`◡◔+)♡

 


長ーくなってしまいましたが

最後までお付き合いありがとうございました!

ランキングに参加しています
\応援クリックお願いします^^/
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

※ブログ内の写真・情報等は来店時のものです。
記事更新日には変更になっている場合もありますので
最新情報はお店へ直接お問い合わせくださいますようお願い致します。


 

【余市SAGRA(ヨイチサグラ)】

北海道余市町登町987-2
TEL◆0135-22-2800
チェックイン◆18:00~
チェックアウト◆~10:00
駐車場◆有

  • この記事を書いた人

nao

「北海道」と「食べること」が大好きな 札幌生まれ札幌育ちのnao(本名:高井奈保)。 閉店する飲食店を減らしたいという思いから 2016年1月~ ブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。 1日あたりの訪問者10,000人を目指しています!(現在は約1,300人) 北海道が大好きで現在178市町村制覇中。 (2018年8月「奥尻島」上陸の予定を遂行すると全制覇◎) 15年前から3,000軒以上を食べ歩く。 北海道をドライブしながら観光、その地ならではの美味しいものを食べている時が一番幸せで楽しい。 活気がないと寂しいので…北海道をもっともっと活気づけたい! 良いお店の詳細情報を少しでも多くの方に知って頂き、興味を持っていただきたいのでブログ記事のシェア・拡散大歓迎!! 「食」を通じて179市町村全ての観光を盛り上げ、元気にするのがわたしの野望☆ お気軽にメッセージ・コメントください^^ 【お仕事の依頼について】 アピールしたいポイントはもちろん 飲食店それぞれの問題・悩みに寄り添い、現場の方とコミュニケーションを取りながらリアルでディープな隠れた良さを引き出し沢山の方に伝えます!!メディア出演依頼も受付中♬どうぞよろしくお願いいたします!

-余市町
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© ◆北海道食べ歩き日記◆ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.